世界一周おばあちゃん

おばあちゃんになったら世界一周したい人のブログです。

ソウル①

インチョン空港

到着しました。

当時開催前だったピョンチャンオリンピックのキャラクターがおりました。

日本でwifiの申し込みをし、ここで受け取りました。

地下鉄に乗り、ソウル市内に向かいます。

市内に着きました。
ホンデ駅で降り、ポッサム(蒸し豚)ランチを食べました。

ポッサムが大好きなのですが普通に頼むと量が多いので、一人旅にはこういうランチがありがたいです。

宿に向かいチェックインしました。

BIRDSNEST HOSTELというところです。

給水器に生首が。

コンビニでT-MONEYカードにお金をチャージ。
ソウル旅行では欠かせない交通カードです。

れんこん&ごぼう

なんか体によさそうなので買ってみました。

カロスキルに来ました。

ソウルイチのオシャレスポットです。

↑かわいいスカート(今風のチマチョゴリ?)

↑C27

チーズケーキ専門店です。これが食べたくてカロスキルまで来ました。

あとで知ったんですが、宿のあるホンデにもあるみたいです。

カロスキルは一度来てみたかったんで、まぁいいです。

たくさんのチーズケーキが!

どれもめちゃくちゃおいしそうです。

目移りして、なかなか選べません。

3個頼みました。

さすがに一人でチーズケーキ3個は頼み過ぎました。

でもすっごく濃厚でおいしいです!

たしか頼んだのはチェリーチョコ、オレオ、アップルクランブルだったと思います。

小型犬がわんさか

ブラウン

木がニットを巻かれてました。

お地蔵さんにマフラーしてあげる感じでしょうか。

カロスキル、想像通りのオシャレストリートでございました。

ちょっと移動します。

高速バスターミナル駅まできました。

こちらの地下街はGOTOMALLと呼ばれていて、お安い服がたくさん売っている。と聞きまして。

たしかに安くてかわいい服がたくさん売っていました。

長らく服を新調してませんでしたので、ちょっとお買い物しました。

ショッピングは楽しいですね。ワクワクします。

さて、いいお買い物ができて満足したので移動します。

チムチルバンでのんびりしたいと思います。

かわいいチワワたち

ソウル駅に来ました。

駅前でイベントをしてました。

偶然にも伝統舞踊や演奏が見れました。

とても美しく、素晴らしかったです。

最後までじっくり見たので、すっかり日が沈みました。

思わぬラッキーな寄り道をしつつ、チムチルバンに到着しました。

シロアムサウナというとことです。

お風呂にじっくり浸かり、サウナに入って疲れを取りました。

 

すっかりいい気分でソウル駅に向かいます。

↑ソウル駅

路上ミュージシャン

ホンデ駅に戻ってきました。

チーズケーキを3個食べたため、お腹が全然減りません・・・

泣く泣く晩ごはんは諦め、宿に戻ります。

ソウル1日目はこれにて終了です。

いい一日でした。

岡山からソウルへ

岡山滞在2日目です。

今日は岡山空港に行き、そこからソウルに行きます。

早朝に倉敷駅前から空港バスに乗りました。

岡山空港(に貼ってたポスター)

着きました。

倉敷駅から、35分くらいだったと思います。

出発までかなり時間があるので、空港デッキから飛行機を眺めたいと思います。

↑飛行機たち

飛行機ときびだんご

飛行機とたくあんサラダロール(朝ごはん)

飛行機が飛ぶのを十分眺め、満足したところで待合室に行きました。

(飛び立つ写真を撮ったはずですが、見当たりませんでした。)

待合室でがっちりマンデー鑑賞。

朝ごはんとして買った、たくあんサラダロールをいただきます。

おいしいです。

岡山空港は、とてもほんわかした雰囲気でいい感じです。

出発までのんびり一休みしましょう。

搭乗手続きするのを忘れてました。

危うくがっちりマンデー鑑賞し、ソウル行きのみなさんをお見送りして帰る人になるところでした。

上海蟹って持ち込み禁止なんですね。

初めて知りました。

無事に搭乗手続きを済ませて、飛行機に乗り込みます。

大韓航空です。

今回岡山からソウルに行くのは、なんとなくです。

同じルートで電車に乗って家に帰るのもなぁと思い、ソウル経由で家に帰ることにしました。ものすごい遠回りですが。

なのでソウルからは岡山空港ではなく、我が家により近い関西空港に戻って来ます。

座席にはUSBを差し込み口がありました。

これは便利ですね!

ありがたく、ケータイを充電させて頂きます。

では、ソウルへ行って来ます。

岡山市内&倉敷

後楽園を堪能し、岡山の繁華街に向かいます。

↑ももちゃり

献血ルーム ももたろう」といい、もも推しですね。

↑ももちゃりのアップ

路面電車

繁華街に着いてからの写真を撮るのを忘れてしまいました。

この辺からかなり気が動転しております。

私が今回岡山に来た理由は、あるアーティストのライブを見るためでした。

繁華街のとある場所で、ライブ前のその方をお見かけしたのです。

同じ空間に1時間ほどいるというミラクルでしたが、それが私の精神を破壊しました。

お邪魔しては悪いと思い、声をかけたりはしませんでした。

ですが、

声をかけちゃ悪い→声かければよかったー!!→いや、声かけなかったのは正しい判断!→以下ループ

という葛藤を繰り返し、うわあうわああああってなりました。

(このうわああああはその後2~3か月は続きました。今もたまに思い出して、ぐあああしてます。)

いや、声かけなかったのは正しいのです。正しいのです....

(握手してもらいたかったなぁ!ぐわああああ)

 

頭がフラフラになった岡山市内の観光を終え、倉敷に向かいました。

ふるいち

ここの回転焼きを食べます。

回転焼

店内にイートインのスペースがあり、そこで食べました。

お茶も頂けました。

回転焼きは懐かしい味で、とてもおいしいです。

食べてる間、来る人全員が白いたい焼きを注文していました。

そちらの方が名物だったのかも..

もうすぐお店を閉めるというお話をお客さんとされてました。

少しの間の休業なのか、ほんとに閉店してしまうのかはわかりませんでした。

さて、観光開始です。

↑神社

当時ブラタモリで、倉敷を特集していました。

そのとき登ってたところでしょうか。

なんだかクタクタだったので登りませんでしたが、今となっては登ればよかったです。

↑駄菓子屋さん

↑デニムを取り扱うお店をよく見ました。

↑町並み

↑かわいい

↑森田酒場

ブラタモリにも出てました。

大原美術館に行きたいのですが、道に迷いました。

↑大きな犬

↑トルコっぽいお皿たち

暑い…

↑不思議なお面の人

このお面を着けた人が、ちらほらいました。

道行く人にうちわで頭をポンポンとタップしてました。

幸運が訪れるおまじないでしょうか。

私もしてもらいたくて、周りをうろうろしてましたが、ポンポンはしてもらえませんでした。

幸運下さい。切実にお願いします。

綺麗だなぁ。

でも暑いなぁ。大原美術館はどこ…

↑着いた

道を訊き、やっと着きました。

早速見て回りましょう。

中の展示物は撮影不可でした。

ムンクの作品が興味深かったです。

↑敷地内

↑別館

大原美術館、堪能しました。

倉敷に来たら、ぜひ訪れるべき場所だと思います。

(とてもよかったと後で母に話したら、私が中学生のとき一緒に行ったよと言われました。

全然覚えてなかったです…)

↑今回の宿

ドミトリーの部屋がかわいかったです。

夜は予定通りライブを見ました。

あまりのカッコ良さにうわああああとなりながら、就寝です。

岡山①

去年の5月に、岡山に行きました。

そして、岡山からソウルに行きました。

そのときの旅行記です。

まずは、

↑姫路駅

ここから在来線でトコトコ岡山を目指します。

わぁ、黄色い!

岡山に向かう列車は黄色いんですね。

大好物の安納芋を彷彿とさせるカラーです。

おいしそうだなぁ。

↑私が見慣れている列車がこちら。

山陽本線東海道本線と言います。

兵庫県~長い路線で岐阜(大垣)まで行っちゃったりする頑張り屋さんです。

早速乗り込みます。

長距離ですので、トイレのある車両を選びます。

ここで私のようなトイレが近い方にメッセージ。

山陽本線東海道本線は、トイレは常に西側の先頭車両にあります。

途中つなぎ目の車両にもありますが、その辺の法則はあんまよく分かってません。

岡山行きの列車も西側にトイレ車両がありますね。

これは全国共通なんですかね?

だとしたら、こんな大げさに言う話ではなかったかもしれません…

↑列車内

割と空いています。

進行方向左側に座ってみます。

初めての在来線岡山の旅です。

ワクワクします。

↑のどかな風景

↑有年と書いて「うね」と読む

とてものどかな風景が続きます。

水分を控えめにしていたのに、3回もトイレに立ってしまいました。

明らかに、水分摂取量以上にトイレに行っています。

初めて行く路線旅に興奮してるんでしょうか。

トイレがある車両を選んでよかったです。

(トイレトイレうるさいですよね)

↑何かしらの工場

おっ、工場地帯に入ってきました。

岡山駅はもうすぐです。

↑なんとなく印象的な駅名

↑川

岡山駅

到着しました。

↑安納芋色の列車

こちらは広島まで行くようです。

岡山城と後楽園を観光したいと思います。

こちらのデスクは外国人専用のようですね。

地図をもらいました。

岡山城へは、とにかくまっすぐ行けばいいみたいです。

これは方向音痴な私も楽勝。

駅を出ると、後楽園へのシャトルバスが。

↑時刻表

でも街歩きも兼ねて、歩いて行こうと思います。

↑噴水

ビックカメラ

ビックカメラ横の商店街

↑偉い人の像

路面電車

路面電車が走ってるんですね。

いいなぁ。

ところでここで、血迷って右に曲がってしまいました。

交通整理をしてるおじさんに、岡山城なら曲がらずまっすぐ行けと軌道修正してもらえました。

私も当初そう思ってたのに勘が働き、ここで曲がる気がしたのです。

間違った勘で確実に間違えた道に行く。これが真の方向音痴であります。

ところでお腹が空きました…

おいしそうな食パン屋さんを発見。

めちゃくちゃおいしそうです。

かぶりつきたいです。

でもまだ開店前だったので諦めました。

パン1斤食べつつお散歩したかったです。

献血ルーム ももたろう

岡山らしいネーミングですね。

公園らしきものが見えて来ました。

そろそろお城エリアでしょうか。

↑ここはトイレじゃ。

お城が見えて来ました。

スワンボートもあるんですね。

観光地って感じがします。

しばらく歩くとお城の入口に到着しました。

海外からの観光客もかなりいました。

岡山城

黒いボディがかっこいいです。

しばらく眺めて、次は後楽園に向かいます。

後楽園はここから徒歩5分くらいです。

再びスワンボートを見ながら

着きました。

入場券を購入。

いいお天気で、緑も映えます。

日本三大庭園にふさわしい、素敵なところですね。

↑茶畑

庭園内に、茶畑がありました。

その横のお茶屋さんでしばし休憩。

お腹も空いたので、季節限定の抹茶ぜんざいを食べました。

きびだんごとバニラアイスとあんこが入ってます。タピオカも。

きびだんごがモチモチです。

疲れが吹っ飛びました。

↑店内(撮り方が下手で暗い)

ここのお茶っ葉を使ってるんだなぁ。

と思いながら味わうと、より一層おいしくなる気がします。

↑外観

元気が出たところで、散策を再開します。

↑鯉

↑池

↑池②

癒されます。

上海②→帰国

上海タワー(东方明珠广播电视塔)を近くで見るという

ミッション達成です。

かっこいいです。

しかしちょっと空気が悪いそうです。もやって見えます。

次は外灘観光トンネルで乗り物にのって外灘側に行こうと思います。

ですが、道に迷いました・・・

警備員さんに道を聞いてみましたが、警備員さんも分からない様子。

すると、颯爽とスケボーで現れた青年が声をかけてくれました。

スマホで調べてくれるスケボー青年と、彼のスケボーで遊ぶ警備員さん

マップで調べながら、案内してくれました。

青年はオーストラリアに留学していて、今実家のある上海に一時帰国中とのことでした。

↑スケボー青年のおかげで無事到着

彼のおかげで無事に着くことができました。

ちょっとタイプだったので、ドキドキしてしまいました。

しかし連絡先を聞くことはおろか、名前すらも聞き忘れブログでスケボー青年呼ばわりする始末・・・

 TOO SHY SHY GIRLなのであります。

(こんな言いまわししてる時点で断じてGIRLではないのであります。)

久々のときめきをいただきました。ごちそうさまでした。

↑トンネル入口

↑チケット売り場

↑50元(≒860円)

た、高い!!!

値段はあまり気にしないことにし、乗り物に乗り込みます。

いざ出発です。

おおおお

うおおおお

うわあああああ

きゃあああああ

ひいいいいい

~完~

【感想】とても宇宙でした。

【おススメ度】☆(☆5つ中)

お金返して。

↑上海と言えばの景色

うわあ、やはり空気がとても汚れてますね。

しかしこの景色を見れて感無量です。

↑遊歩道

↑建物

ヨーロッパっぽくて素敵です。

↑街並み

南京路に向かいます。

↑いろいろ(ダイソー、無印、ユニクロ)混ざってる感じのお店

↑街並み

大都会ですね。

↑記念撮影風

そんなつもりじゃなかったんですが、なぜかおじさんを記念撮影したみたいな写真が撮れました。

↑おひるごはん

おなかがすいたので小龍包を食べました。

注文するのにかなりの放置プレイを受けて、半泣きになりました。

中国語をもっと勉強するのはもちろんですが、それと同時に中国でビクビクせずに堂々とするメンタルも鍛えなければと思います。

店員さんの迫力に怖気づいて、習ったはずのフレーズも出てこないのです。

↑店内

チャーハンも注文。

ちょっと塩辛かったです。

失敗だ・・・

オールドカーが展示されている場所がありました。

記念撮影する人たちで混雑していました。

↑南京路

↑おやつ購入

タロイモミルクを注文しました。

タロイモ大好きです。

もう少し時間はあるけど、どこか別の場所に行くには足りない。という微妙な感じになってきました。

もう空港に戻ろうかな。(大都会に心が折れ気味)

地下鉄に乗ります。

↑手すりにカバン

座っている人が、ドアの手すりにカバンをかけていました。

置き引きの心配はないんですかね。

意外と治安がいいのかもしれません。

↑観光した区間

見辛いですが、観光したあたりをボールペンで矢印を引きました。

豫園にも行ってみたかったですが、そこまで行く時間はなさそうなので諦めました。

中華系エアラインにはまたお世話になると思いますので、

また上海に来れると思います。

そのときの楽しみにとっておきましょう。

モノレールに乗りました。

時速384㎞

時速403㎞

時速431㎞

時速の写真を撮るのに夢中になっていると、

もう空港に着いていました。激早です。

↑モノレールと記念撮影する人

↑仲間が増えた

カラオケボックス

 

そんなわけで飛行機に乗って、なんやかんやで帰国しました。
昆明チェンマイ、上海旅行、完~

(締め方ヘタクソか。)

昆明→上海①

昆明から乗継の上海に向かいます。

早朝便で上海に行き、乗継時間はたっぷりあります。

上海を少し散策できそう。楽しみです。

上海の空港に着きました。

ここで荷物を一旦受け取ります。

・・・・

と、思いきや、私の荷物は日本までそのまま行ってくれるようです。

ありがたい!

でもそれに気付かず40分くらい待ってしまいました!

昆明での荷物なかなか来ない事件があったので、時間がかかるのもそんなもんだと思っていました・・・

もっと早く確認すればよかったです。

時間を大幅にロスしたので、市内に素早く行けるモノレールに乗ることにしました。

↑モノレール入口

↑チケット売り場

↑駅構内

しばらく待ってるとやってきました、モノレール。

↑車内

とても綺麗でかっこいいです。

↑市内到着

ここから地下鉄に乗り換えます。

地図があったのでもらいました。

↑モノレール駅を出た風景

初めて行く上海。ドキドキします。

地下鉄の入り口を探します。

ありました。

とシンプルに書きましたが、実は入り口が見つからず、めちゃくちゃ彷徨いました。

やっと地下鉄構内に入れました。切符を買います。

タッチパネル式で買いやすかったです。

↑地下鉄車内

まずは上海タワーを見ようと思います。

駅を出ると、

どーーん!!

いきなりお出迎え~!

続く

 

チェンマイ⑧→昆明①

朝を迎え、いよいよチェンマイ最終日です。

昨日買った服たちですが、寸法が長すぎで床を引きずることが判明しました。

(ええ、短足です・・・)

すそ上げをお願いしちゃおう!ということで、ホテル近くの洗濯屋さんへ。

こちらで裾上げをやってもらいました。

↑洗濯屋さん(裾上げも可)

↑ねこ

裾上げの服を預け、チェンマイの町をぶらぶらします。

↑街並み

ソンテウとねこ

↑ターペー門

この中が旧市街になります。

↑ねこ

↑ねこ

看板猫なのか、とても人懐っこかったです。

↑鳥かご

↑タイミルクティー

昨日行ってとても気に入ったwawee cafeの別店を見つけたので入りました。

甘さ控えめで注文したミルクティー、やっぱりとてもおいしいです。

↑おつかれさまっ!!

チェンマイ最終日の私をねぎらってくれているようでした。

↑カオソーイのお店

地球の歩き方に載っていた、カオソーイがおいしいお店にやってきました。

↑店内

たくさんの旅行客がいました。

カオソーイ到着。

まろやかなカレー味がとてもおいしいです。

一緒に注文したオレンジジュースもとてもおいしいです。

タイのオレンジジュース、やさしい味で大好きです。

↑この界隈

このカオソーイのお店がある界隈は、イスラーム教徒のエリアだそうです。

↑道

プチ洪水を起こしていました。

↑お昼寝ワン

↑本屋

いろんな本が並んでいて、興味深いです。

↑不思議な絵

↑たくさんのぬいぐるみ

旧市街をとりまく壁と噴水

↑気に入った門

↑僧たち

ぶらぶらしてるとなっちゃんからメールが。

空港まで送ってもらいます。

ありがとう、ありがとう。

なっちゃんと合流し、お昼ごはん。

↑店内

↑このジュースがとてつもなくおいしかったです。ライムだったかな?

↑おいしい、おいしい!!

↑洗濯屋さん

朝に服を預けたお店へ、服をもらいに行きました。

最終日に思いついての裾上げだったので、無理を言って急ぎでお願いしました。

本来なら1日はみておいたほうがいいと思います。

裾上げの値段は1着200円もしなかったと思います。

仕上がりも綺麗ですし、大満足です!ありがとうございました!

なっちゃんに空港に送ってもらい、お別れ。

すごくお世話になりました!また日本にも来てくれよな!

(その後、なっちゃんは年2~3ペースで日本に来ております。そんなに来るんだ?とちょっとビックリです。)

↑忘れた荷物

最初に手荷物検査があったのですが、そこでこの袋(裾上げした服)を受け取るのを忘れました。

ぼーっとチェックインが開くのを待っていて、ハッ!!!!と気づきました。

振り向くと、手荷物検査場のコンベア横に置いてありました。

ダッシュしズサーッとゲット。あってよかった・・・

↑タイミルクティー(累計3杯目)

無事チェックインをすませ、最後の1杯。

やはりおいしいです。

タイの気候にあってるからですかね。やたらおいしく感じます。

飛行機に乗り、昆明へひとっ飛びです。

昆明

ただいま昆明

前回の昆明では慌てすぎましたが、今回は落ち着いて空港バスの行き先表もゆっくり見れました。

フェニックスと路線表のコラボがかっこいいです。

↑チケット売り場

今回は落ち着いて、「ディーアーrシェン(2号線)」と注文できました。

もちろんピースサインも忘れません。(「2」のアピール)

バスに乗り込み、、

今回も行きと同じジンジャンホテルに泊まりました。

とてもよかったので、前回のチェックアウトの際に今回の宿泊を予約しておきました。

↑夜食

寝る準備をしていると、ノックする音が。

恐る恐るドアを開けると、ホテルの方がみかんと飲むヨーグルトを持って来てくれました。

こんなサービスがあったんですね。

前回は深夜(というかもはや早朝)泊だったので、もらえなかったんだと思います。

改めていいホテルだなぁ。

幸せな気分に浸りながら、おやすみなさい。