読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一周おばあちゃん

おばあちゃんになったら世界一周したい人のブログです。

チェンマイ①

チェンマイに着き、なっちゃんとも無事再会。

チェンマイの夜を楽しもう!の続きです。

まずショッピングモールに連れて行ってくれました。

なっちゃんSIMカード買わなきゃねー!」

サクッとSIMカードを選んでくれました。

そしてケータイにイン。

今まで海外に行っても、SIMカードを使ったことがありませんでした。

機械オンチすぎて、よくわからなかったんです。。

今回初☆いつでもケータイ使える状態!

海外で、そんなこと可能なんですか?

なんだか不思議な感じがします。

次に、フードコートに連れて行ってくれました。

カオマンガイ

赤黒い塊は、血を固めたものみたいです。

食感はプリンのよう。

タレにたくさんのショウガを入れて、鶏肉にかけて食べます。

おいしい!!

タイ料理って、なんでこんなにおいしいんだろうか!

↑(フライド)カオマンガイなっちゃん

タッパーの中身には唐辛子とショウガ。

↑食べ足りない様子

その後なっちゃんの友だち、ラピちゃんと合流しました。 

ジェーンちゃんとラックくんとも合流。

ソンテウという、乗合バスに乗って移動します。

ジェーンちゃんから、

チェンマイ市内を移動するときは、ソンテウに乗るのよ。トゥクトゥクはダメよ。高いから。」

とアドバイスをもらいました。

トゥクトゥクとは三輪自動車のような乗り物です。

了解です。ソンテウに乗るようにします。

↑右側がジェーンちゃん(ブレブレ)

なっちゃんとラックくん

MAYAショッピングモール前の広場にやって来ました。

この日は大晦日。

ここで年越しをします。

ビールで乾杯。

といっても、私はお酒が苦手です。

タイのビールは、氷をいれて飲むのが主流のようです。

氷の上澄みをすすり、水分補給。

広場にはたくさんの屋台が並んでました。

なにか買ってみましょう。

なっちゃんイチオシの男の子

↑ソムタム(パパイヤのサラダ)

↑ビールと屋台のごはん

↑ゆで卵を売る人

年越しまであと10分。

ビールをひたすら飲むなっちゃんと仲間たち。

上澄みをすするだけの私は

喉がカラカラです。

※今思うと、水くらい買えばよかったと思います。

場の雰囲気的に、なんとなくビールを飲まなきゃ申し訳ない気がしてました。

10、9、8

おっ、カウントダウンが始まりました。

年越しの瞬間です!

3、2、1

ハッピー

ニューイヤー!

イエー!

フゥー!!

(あまり盛り上がってなさそうに見える写真)

なっちゃんと友だちのおかげで、楽しい年越しができました。

みんなありがとー!

今回HOP INNという、なっちゃんオススメのホテルに滞在します。

新しくて、すごく居心地が良さそうです。

↑フロント横

 

部屋に入ると、備え付けの水を発見しました。

み、みず…

ゴッゴッゴッゴッ(目を見開き水をガブ飲み)

すると窓をコンコンと叩く音が。

私をホテルまで送ってくれた、なっちゃんとラピちゃんが窓の外から覗いています。

ここは1階。駐車場から私の姿が丸見えだったようです。

全裸で仁王立ちしてなくてよかったです。

なっちゃん&ラピちゃん「カーテン閉めろ~」

はい!(カーテンシャー)

 

おやすみなさい。

昆明からチェンマイへ

昆明観光を終え、空港に戻りました。


f:id:elephanthill:20170503181050j:image

↑空港内の自動販売

ペットボトルが逆さまに陳列されています。

なんだか印象的だったので撮りました。


f:id:elephanthill:20170503181218j:image

無事チェックインし、ゲート前で待機。 

が、時間になってもなかなか搭乗が始まりません。

アジア系の女性2人が、係の人に何やら交渉をしています。

どうやらチェックインはしたものの、乗るはずだった飛行機に乗り遅れちゃったみたいです。

この飛行機に乗せてもらえないかとお願いしているようです。

結果2人の搭乗は断られていました。

こういう場合どうすればいいのか。

一回出てチケットを買い直す。かな。

映画ターミナルのトムハンクスのように、

空港に住むことになったりしないか。

住むとしたらどの空港にしよう。

いろいろ考えているうちに、

搭乗が始まりました。

そして、飛行機はチェンマイへ飛び立ちました。

 

チェンマイ着~

f:id:elephanthill:20170504131031j:image

↑入国手続きを待つ人々

大混雑です。

これはまいった…

ほぼ全員中国の人だと思われます。

チェンマイには中国人がたくさん来ると聞きました。

到着するやいなやそれを実感。

どこに並んだらいいのかわかりません。

とりあえず、ここを最後尾とする。

と勝手に制定し、並んでみます。

前方にいる人たちが、後方に知り合いを見つけてこっちこっちー!と列に入れてあげているのが見えます。

または、後方の人が、前方の知り合いを見つけてどうもどうもー!と入っていきます。
f:id:elephanthill:20170504143905j:image

↑こんな状態。

(マドハンドGではなく、Eですね。間違えた…)

それを割り込みすなー!と怒る人と、

うるせー!と返す人。

中国語で叫ぶタイ人の空港職員たち。

なるほど。

カオスです。

これは空港職員たちの責任だと私は思います。

ちゃんと誘導しないと~。

ただ怒鳴るだけじゃダメだよ~。

 

おい!そこのアンタ!こちらに来なさい!

空港職員の1人から呼ばれました。

え、、はい!(不平不満が顔に表れてたか!)

連行されたその先は、このような場所でした。
f:id:elephanthill:20170504144957j:image

なにここ。

行列に一人向き合う形で立たされました。

誘導した方が良いという私の思いが通じました。

ありがとうございます。

すごく居心地が悪いです。

なぜ私一人…

 

それはいいとして、これは時間がかかりそうです。

ほんとに困りました。

今回は、外で友だちが待ってくれているのです。

その友だちとは
f:id:elephanthill:20170504151138j:image

なっちゃん

 

彼/彼女はタイの友だちです。

チェンマイに住んでいます。

過去になっちゃんについて記事を書いたことがあります。

タイの友人が日本にやって来た① - 世界一周おばあちゃん

タイの友人が日本にやって来た② - 世界一周おばあちゃん

途切れ途切れのWi-Fiを拾って、なっちゃんに遅れてる旨をLINEしました。

なっちゃん「仕方ないわよー。待ってるわー。」

ありがとう 泣

次来日したら何かおいしものをごちそうします。

それから1時間半後、

ようやく外に出られました。

疲れた…

待っててくれたなっちゃん

げんなりした顔をしています。

申し訳ないです…

外は真っ暗。

元気を出して、チェンマイの夜を楽しみましょう。

昆明を街ぶら③

昆明を街歩き中です。


f:id:elephanthill:20170502185903j:image

↑パン屋さん


f:id:elephanthill:20170502190222j:image

↑ドリンクスタンド


f:id:elephanthill:20170502190305j:image

タロイモミルクを買いました。

やさしいお味です。

タロイモの角切りも入ってます。


f:id:elephanthill:20170502190410j:image

またまたおふとん型防寒具を発見しました。

これほんといいなぁ。

しかし、自転車やバイクに乗らないと使えませんよね。

これを前に羽織って歩いていると、びんぼっちゃまみたいになってしまうか。


f:id:elephanthill:20170503173149j:image

↑びんぼっちゃま

誰それ?と言うヤングジェネレーションのために描きました。


f:id:elephanthill:20170503173353j:image

↑布団型防寒具着用イメージ

 

あまり二輪車に乗ることがない私には、使い道がないかもしれません。

 

そろそろジンジャンホテルに戻ります。

そこから空港行きのバスに乗ります。


f:id:elephanthill:20170502191115j:image

↑熱唱するジャイアンぽい人

 

彼の近くに焼きいもやさんがいました。

すごくおいしそうです。

私のイモセンサーがピーピーなっております。
f:id:elephanthill:20170502191219j:image

1本頂きましょう。
f:id:elephanthill:20170502191424j:image

バスの中で食べよう。

 

ジンジャンホテルまでは一本道。

方向音痴な私でも問題ありません。


f:id:elephanthill:20170502191657j:image

昆明

 

あれ?昆明駅が見える。

ここは道のほぼ終着点です。


f:id:elephanthill:20170503175531j:image

行き過ぎました。

ジンジャンホテルはどこ…泣

 

慌てて道を逆戻り、しばらく歩くと見えてきました。


f:id:elephanthill:20170502191955j:image

ジンジャンホテル。

昼間に改めて見ると、とても立派なホテルですね。

なんでこれを見逃すのでしょうか。

その後、ホテルで預かってもらっていた荷物がなかなか受け取れず、少し焦ったりなどしながも…


f:id:elephanthill:20170502192119j:image

無事バスに乗れました。

至福の焼きいもタイム。

中がめちゃくちゃ黄色いです。

期待を裏切らない甘さで大満足でした。

タロイモ→焼きいものイモづくしで、昆明の食事を終えました。

満員のバスで無事空港に到着。

いよいよチェンマイに向かいます。

昆明を街ぶら②

乗り継ぎついでに昆明を街ぶらしております。

 
f:id:elephanthill:20170426200649j:image

ひたすら歩きます。


f:id:elephanthill:20170426200752j:image

絵馬かな?と上を見上げて歩いていると


f:id:elephanthill:20170426200838j:image

こちらの棒でふくらはぎ前方(弁慶の泣きどころ付近)を強打しました。

っつぉぉぉ~という声が出ました。


f:id:elephanthill:20170426200952j:image

↑カッコイイ門


f:id:elephanthill:20170426201058j:image

カッコイイ門のそばに、献血バスが停まってました。


f:id:elephanthill:20170426201145j:image

全ての血液型の横に、なにやら「緊張」的な文字が。

血液が足りないことをそう言うのでしょうか。

緊迫感が伝わります。

献血マニアの私としては、協力したいところ。

しかし中国に来る直前に、日本で献血をして来てしまいました…

旅行者でも受け入れてもらえるなら、次回はぜひ協力させてもらいたいです。



f:id:elephanthill:20170426201718j:image

すぐ近くの路地へ行くと、おみやげ屋さんエリアに入りました。

古い町並みがいい感じです。


f:id:elephanthill:20170426201842j:image

あっ!プーアル茶がたくさん!

昆明のある雲南省プーアル茶の産地。

母が本場のプーアル茶を欲しがっていたので、おみやげに必ず買おうと思っていたのです。

さっそく店内へ。


f:id:elephanthill:20170426202126j:image

わー。これこれぃ。

この丸み。この渋い包装。いいですねー。

ここで買っちゃいましょう。

 

オススメはどれですか?

 

お店の人:これがオススメだよ。

 

多少銭?(=いくらですか?) (ヤッター!中国語使えた!ドキドキ)

 

お店の人:160元だよ(2560円)

 

なるほどなるほど。

せっかく母に買うのだ。最高級のを買っちゃおうかしらー!

 

一番高級なのはいくらですか?

 

お店の人:〇〇〇元。

 

・・・。(絶句)

 

すみません、この最高級の値段をメモしておらず、値段を忘れてしまいました。

ただ、この160元ので充分おいしいから!気を落とすなよな!

と、涙目の私にお店の人が一生懸命励ましてくれたのは覚えています。

ありがとう、160元のを買います 泣


f:id:elephanthill:20170501174715j:image

帰国後飲んでみると、めちゃくちゃ美味しかったです。

これにしてよかった!


f:id:elephanthill:20170501174846j:image

購入後呼び止められ、飲んでいきなよ!

とお誘い頂きました。

ちょっとスモークされたような、それでいて飲みやすいお茶を振舞ってもらいました。

落ち着く~。しばしの間ほっこり。


f:id:elephanthill:20170501175556j:image

↑お店の外観

ごちそうさまでした!

とても良い時間を過ごすことができました。


f:id:elephanthill:20170501175518j:image

お店を出てしばらく歩くと、大きな広場で青空マッサージをしていました。


f:id:elephanthill:20170501175732j:image

私もお願いしてみました。

黒いマスクにギョっとされましたでしょうか。

Q:あなたはK-POPアイドルですか?

A:いいえ、私はK-POPアイドルではありません。会社員です。

黒いマスクは紫外線予防に使っています。

 

力強いマッサージで大変気持ちよかったです。

いくらだったかは忘れてしまいました…

しかしそんなに高くなく、割と長めにやってもらえたので満足です。


f:id:elephanthill:20170501180950j:image

↑マッサージしてくれた女性。ありがとうございました!

すっきり疲れも取れ、元気に歩きます。


f:id:elephanthill:20170501181212j:image

↑ケーキ


f:id:elephanthill:20170501181301j:image

↑古風なゆるキャラ


f:id:elephanthill:20170501181412j:image

↑武器


f:id:elephanthill:20170501181451j:image

↑街の風景


f:id:elephanthill:20170501181535j:image

↑犬


f:id:elephanthill:20170501181621j:image

↑路地


f:id:elephanthill:20170501181659j:image

↑気に入った建物


f:id:elephanthill:20170501181751j:image

↑気に入った建物2


f:id:elephanthill:20170501181826j:image

↑新しめのゆるキャラ


f:id:elephanthill:20170501181918j:image

↑職質されてる古風なゆるキャラ(推測)

 

いや~街歩きは楽しいなぁ

昆明を街ぶら①

中国昆明に到着した私。
いろいろあって、深夜(もはや早朝)4時にホテルに到着。
起きたら昆明市内を観光だ。の続きです。
 
起きたのは朝9時前でした。
もっと疲労感が残るかと思いましたが、
すっきりいい目覚めです。
今日は16時にタイのチェンマイ行きの飛行機に乗ります。
それまでの間昆明の市内をぶらぶらしようと思います。

 

f:id:elephanthill:20170425175622j:image

↑時刻表

 

ホテルの前に、空港バスの時刻表がありました。

あらためて確認します。

空港→ジンジャンホテルは朝8時~深夜3時まで、ジンジャンホテル→空港は朝5時~夜23時まで運行してるんですね。

長時間の運行ありがたいです。


f:id:elephanthill:20170425175914j:image

お腹が空いたので、朝ごはんにしましょう。

昆明は米线という料理が名物だそうです。

これを食べにホテル近くの食堂に入りました。

何が何だかわからないので、

パネルを指差しこれ下さいアピールをします。

うん。と、うなづくお店のおばさん。

よっしゃ、注文成功したぞ~。

 

~10分経過~

 

料理が来ません。

別のおばさんに、アンタ頼まないの!?と怒られてしまいました…

さっきのおばさんはいずこに…泣

気を取り直して、なんとか再注文できました。


f:id:elephanthill:20170425180449j:image

↑鶏肉の辛い米线

注文後、吉野家も驚く早さで料理が運ばれました。

麺は柔らかく、鶏肉は固めでしっかり味付けがしてあります。

スープはそんなに味を感じませんでしたが、鶏肉の濃い味つけでおいしく頂きました。

うおー。舌がビリビリしてきたー。

花椒が効いてます。たまりません。

 

ちなみに私はゴールデンウィーク成都に行きました。

そこで食べた陳麻婆豆腐にハマってから、舌が痺れる刺激を求め続けていたのでした。


f:id:elephanthill:20170425181350j:image

成都の魅惑の食べ物

 


f:id:elephanthill:20170425185030j:image

ところで今回入った食堂の名前が、なんと成都飯店でした。

成都が私を呼んでいる…

 

さて、おなかもいっぱいになったので、散策します。

しばらく歩くと
f:id:elephanthill:20170425181549j:image

なんだか立派な建物が。


f:id:elephanthill:20170425181651j:image


f:id:elephanthill:20170425181719j:image


f:id:elephanthill:20170425181751j:image


f:id:elephanthill:20170425181816j:image

漢方の病院でした。

中は漢方の香りでいっぱいです。

いい匂い…

嗅いでるだけで、何らかの疾患が良くなりそうな気がしてきます。

こういうのが身近にあるのっていいなぁ。

 

さてさて、どんどん歩きます。


f:id:elephanthill:20170425182322j:image

糖尿病は、中国語でも糖尿病なんだなぁ。


f:id:elephanthill:20170425182421j:image

↑かわいい交番



f:id:elephanthill:20170504094030j:image

わぁ都会だなー!
(アレ?なんだか写真がギザギザしてる?)
(画質が悪いかな~)

空が綺麗です。

昆明は他の中国の都市より空気が綺麗と聞きました。

この青空を見ても、確かにそのようです。


f:id:elephanthill:20170425182623j:image

途中銀行で両替をし、


f:id:elephanthill:20170425182846j:image

韓国の整形技術は有名なんだなぁと思ったり


f:id:elephanthill:20170425185639j:image

このおふとんみたいな防寒具いいなぁ!と思ったり


f:id:elephanthill:20170425185745j:image

↑おふとん型防寒具

知らない街を散策するのは本当に楽しいですね。

現在お昼前。

まだまだ歩きます。

MU748で昆明に深夜着②

中国昆明に到着した私。
いろいろあって、時刻はただいま深夜2時45分。
空港バスはまだあるのか?あって下さいお願いします。
の続きです。
 
4番出口を出ると
 
f:id:elephanthill:20170423185720j:image
ああこれはー!
チケット売り場ー!
まだ人いる!
ハァハァ言いながら売り場のお姉さんに近寄ります。
ジンジャンホテルは2号線のバスです。
※ですが、全ての2号線のバスがジンジャンホテルに行くわけではないようです。
乗り慣れていない方は、必ず運転手さんに確認した方がいいです。※
 
チケット売り場で前のお兄さんが「アーrハオシェン(2号線)」と言っているように聞こえました。
私も真似して「アーrハオシェン」と言い、
聞き取ってもらえなかったときの保険に手をピースサイン。
無事チケットを買えました。
25元でした。
 
もう幸せいっぱいでバスに駆けよります。
運転手さんに「ジンジャンホテル?」と聞くと、「乗れ」的なことを言ってくれました。
よかった~。
あとで確認すると、2号線の空港バスの最終時刻は深夜3時まででした。(2016年12月時点)
このとき深夜2時50分。
ギリギリでした。ほんとによかった・・・
 
バスは3時ちょっと過ぎて出発。
 
2号線のバスは、ジンジャンホテルが終点のバスもあれば、そうでないものもあるようです。
(行き先がそもそも全然違う2号線もあるようです。)
私は終点がホテルだと思いどっかり構えていたのですが、
運転手さんに着いたよ!って言ってもらえて降りることができました。
まだ乗ってる人がいたので、このバスはどうやらホテルが終点じゃなかったようです。
ジンジャンホテルはあっちね。と、後方を指さし場所も教えてくれました。
優しい運転手さん、ありがとうございました。
 
無事ホテルに着きました。
f:id:elephanthill:20170423190605j:image

f:id:elephanthill:20170423190636j:image

f:id:elephanthill:20170423190513j:image
 
いいホテルだな~
 
時刻は深夜4時前。
もう深夜ではなく、早朝のレベルです。
空港で寝てた方がよかったんじゃ・・・と後悔しないような、
短くても質の良い睡眠をとりましょうぞ。
 
チェックインを済ませます。
デポジットに600元を支払う必要がありますが、
クレジットカードで大丈夫です。
チェックアウトのときに返金してもらいますので、
レシートは忘れてはならない、ならない、と自分に言い聞かせ、
部屋に入ります。
 

f:id:elephanthill:20170423190834j:image
いいお部屋です!
 
いいホテルをあまり堪能できませんが、とりあえずおやすみなさい。
 
起きたら昆明観光です。

 

MU748で昆明に深夜着①

上海の空港で、昆明行の飛行機を待ちます。
が、搭乗時間なはずなのに、まだ乗れない・・・
結局45分遅れで昆明行の飛行機に乗れました。
深夜に昆明に着く身としては、なるべく遅れて欲しくなかった・・・
読書したり、うとうとしていると無事昆明に到着しました。
このとき深夜1時半頃。
空港で荷物を待ちます。

f:id:elephanthill:20170423184251j:image

30分経過。
 
荷物が来ません。
私のだけじゃなく、みんな来てないので安心です。
って、いや困ります。
市内に出るバスの時間の最終時刻が確か深夜2時だったはず…
調べたいけどスマホが使えないので分からない…
ただいま深夜2時。
あれ?アウト?
ホテル取ってるのに~ 泣
深夜に昆明に着く人は、昆明ジンジャンホテル(錦江大酒店)に泊まるのが良い!
と、どなたかのブログで見ていたので、そちらに予約してたのです。
空港バスが停まる市内の停留所すぐそばのホテルなのがグッドポイント。
せっかくバスが近くに止まってくれるのです。タクシーは嫌や。バスで行きたいよ~ 泣
 
更に30分経過。
 
荷物がまだ来ません。
んんん??どういうこと~?
早くしてくれ~
このままじゃ結局空港泊のようなものではないですか~ 泣
この時の私の頭の中は、空港バスの最終は2時だったか、もっとあったか。どうだっけ~。んもう!怒
がぐるぐるしておりました。
 
 
あと、荷物受け取り場所にある、トイレと更衣室の配置おかしいですよ。

f:id:elephanthill:20170423184442j:image
↑トイレかなーと入ると

f:id:elephanthill:20170423184531j:image
↑何も無い。更衣室でした。
 
更衣室がトイレの手前にドカッとあります。
それにより、かなりの人が、トイレのつもりで間違えて更衣室入って行きます。
更衣室入ってアイヤ―ってなってる人たちを観察し、へへへ・・・・また間違えよったで・・・
と力なく笑うほどに壊れてきました。
早く荷物来てください…限界です…
 
それからしばらくして、やっとこさ荷物がコンベアーに乗せられ回ってきました。
よたよたと荷物を取り、力をふりしぼりダッシュ。
現在の時刻は深夜2時40分。
到着ゲートを出るとタクシーの運転手らしき人たちが声をかけてきます。
その人達を、チョットナニイッテルノカワカラナイ。って感じで全力スルーします。
バスがないのを確認し、むなしく彼らのもとに戻るのかもな~と思いながら・・・
 
確かどなたかのブログの情報では、2番出口から出ればよいとありました。
ゲートを出て右に曲がります。
2番出口、2番出口…

f:id:elephanthill:20170423185014j:image
あった!
 

f:id:elephanthill:20170423185138j:image
って閉まってるー!!!
 
おおおおお…泣 
 
しかし諦めませんよ!
こうなったら開いてる出口に向かうのみ!!
 
4番出口が開いてる!
 
f:id:elephanthill:20170423185245j:image
↑慌てすぎてブレブレ
 
さて、バスはまだあるのか?
 
続く